Eyvind Earle’s Biography

Born in New York in 1916, Eyvind Earle began his prolific career at the age of ten when his father, Ferdinand Earle, gave him a challenging choice: read 50 pages of a book or paint a picture every day. Earle choose both. From the time of his first one-man showing in France when he was 14, Earle’s fame had grown steadily. At the age of 21, Earle bicycled across country from Hollywood to New York, paying his way by painting 42 watercolors. In 1937, he opened at the Charles Morgan Galleries, his first of many one-man shows in New York. Two years later at his third consecutive showing at the gallery, the response to his work was so positive that the exhibition sold out and the Metropolitan Museum of Art purchased one of his paintings for their permanent collection. His earliest work was strictly realistic, but after having studied the work of a variety of masters such as Van Gogh, Cézanne, Rockwell, Kent and Georgia O’Keefe, Earle by the age of 21, came into his own unique style. His oeuvre is characterized by a simplicity, directness and surety of handling.

In 1951 Earle joined Walt Disney studios as an assistant background painter. Earle intrigued Disney in 1953 when he created the look of “Toot, Whistle, Plunk and Boom” an animated short that won an Academy Award and a Cannes Film Festival Award. Disney kept the artist busy for the rest of decade, painting the settings for such stories as “Peter Pan”, “For Whom the Bulls Toil”, “Working for Peanuts”, “Pigs is Pigs”, “Paul Bunyan” and “Lady and the Tramp”. Earle was responsible for the styling, background and colors for the highly acclaimed movie “Sleeping Beauty” and gave the movie its magical, medieval look. He also painted the dioramas for Sleeping Beauty’s Castle at Disneyland in Anaheim, California.

Earle’s work was also seen on television. One of his animated creations was an 18-minute version of the story of the Nativity that he did in 1963 for Tennessee Ernie Ford’s Special “The Story of Christmas”. A Daily Variety reviewer said Earle’s sequence “should be preserved and played back for years on end.” The show was digitally re-mastered in 1997. Earle’s career has encompassed many different fields. In addition to book illustrating, the artist had also designed a number of covers for magazine publications and had produced and created several animated commercials and specials for television.

In 1998, at its Annie Awards show in Glendale, the International Animated Film Society gave Earle its Windsor McCay Award for lifetime achievement. In the 1940’s, Earle adapted his creative landscapes to Christmas cards, painting more than 800 designs that have sold more than 300 million copies through American Artist Group.

After about 15 years creating animated art, Earle returned to painting full time in 1966 and kept working until the end of his life. In addition to his watercolors, oils, sculptures, drawings and scratchboards, in 1974 he began making limited edition serigraphs. Eyvind Earle had a totally original perception of landscape. He successfully synthesizes seemingly incongruent aspects into a singularly distinctive style: a style, which is at once mysterious, primitive, disciplined, moody and nostalgic. He captures the grandeur of simplicity of the American countryside, and represents these glimpses of the American scene with a direct lyric ardor. His landscapes are remarkable for their suggestion of distances, landmasses and weather moods. “For 70 years,” Earle wrote in 1996, “I’ve painted paintings, and I’m constantly and everlastingly overwhelmed at the stupendous infinity of Nature. Wherever I turn and look, there I see creation. Art is creating…Art is the search for truth.”

Eyvind Earle passed away on July 20, 2000 at the age of 84. During his lifetime he created many paintings, sculptures, scratchboards, watercolors and drawings that have not been publicly seen or exhibited. Eyvind Earle Publishing LLC, under the specific instruction of the late Eyvind Earle, will continue the legacy of the artist, promoting and introducing new serigraphs and books through galleries worldwide. These posthumous limited edition serigraphs will be printed from the oil paintings created by Eyvind Earle that are in the collection of Joan Earle and others.

 

アイベンアールの略歴
 

1916年ニューヨークに生まれたアイベン•アールの実りあるキャリア は, 10歳にして父親フェルディナンド•アールに、毎日本を50ページ読むか、毎日絵を一枚描くかという難しい選択を迫られたときに始まった。 アールはどちらも選択した。14歳にしてフランスで初個展をして以来、アールの名声は着実に高まっていった。21歳のときにハリウッドからニューヨークま で全国横断の旅をしたときには42枚の水彩画を資金源として旅行を完遂した。1937年には、後に多数開くニューヨークでの個展の始まりとなる初個展を チャールズ•モーガン•ギャラリーで開催。2年後に連続3度目の個展を開いたときには彼の作品に対する評価は確実なものとなり全作品は完売、なかでもメト ロポリタン美術館は彼の作品を永久収蔵作品として買い求めるに至った。彼の初期の作品は断固としてリアリスティックであったが、ヴァンゴッホ、セザンヌ、 ロックウエル、ケントとジョージア•オキーフなどの名人の作品を勉強するにつれ、アールが 21歳を迎えるまでには自分自身のユニークな画風を打ち出した。彼の作品の特色はシンプリシティー、率直さ、運筆の確実さなどがあげられる。

1951年、アールはウオルトディヌニースタジオに背景アシスタントと して就職。1953年に彼の創作したショートアニメ、“プカドン交響楽”がアカデミー賞とカンヌ映画祭で賞を受賞するとアールはディズニーで頭角を現すよ うになる。それからの数年、ディズニーは“ピーターパン”“グーフィーの闘牛士”“リスのピーナッツ”“ポール•バニヤン”“わんわん物語”などの作品の 設定風景をアイバンに依頼した。アールは芸術作品として圧倒的な評判を呼んだ“眠れる森の美女”のスタイル設定、背景、そして色彩の責任者として、不思議 な魅力の中世のイメージを映画に与えた。彼はまたカリフォルニア州アナハイムのディズニーランドにある、“眠れる森の美女”の城のジオラマを彩色した。

1951年、アールの作品はテレビ放映される。1963年制作の18分 間のアニメ作品でキリストの生誕物語がアーニー•フォードの特別番組“クリスマス物語”デイリーバラエティー紙の記者は“この作品は保存し、何年もの世代 に引き継がれるべきだ”とコメントし、1997年にこの番組はデジタル化された。 アールのキャリアはいくつもの分野で開花した。本の挿画に加え雑誌など刊行物のカバー、又いくつかのアニメを主体としたコマーシャルやテレビの特別番組も 手掛けた。

1998年、グレンデールのアニー賞会場において国際アニメフィルム協 会は、アールの生涯の功績に対し、ウインザー•マッケイ賞をを授与する。1940年代にアールは彼の創作である風景画を800種類以上のクリスマスカード にし、アメリカンアーティストグループを通じて3億枚以上のカードを販売した。

およそ15年間にわたりアニメアートを手掛けた後、1966年には絵画 専門に戻り、以来生涯にわたって絵を描き続けた。水彩画、油彩画、彫刻、素描、スクラッチボードに加え、1974年には限定版のセリグラフを作り始める。 アイベン•アールは風景画を全く違う独自の知覚(見方)でとらえた。彼は通常相容れないとされているスタイルを巧みに統合し、ひとつの確立したスタイルを 作り上げた。そのスタイルは神秘的、また原始的でありながら統制がとれ、ムーディーでもあり、ノスタルジックでさえある。 彼はアメリカの田舎の簡素な風景の中に荘厳さを見いだし、その作品の中には彼の率直なアメリカの風景への叙情的な情熱が垣間見られるのである。 彼の風景画はまた、距離感や土地の宏大さ、気候の雰囲気などを暗示している部分においても驚くべき非凡さを見せている。 1996年にアールは次のように記している。“私は絵を描き続けてきた。そして私は常にそして未来永劫的に、自然の途方もない無限さに圧倒され続けてい る。 どこに目を向けてもそこには創造がある。芸術とは創造である。芸術とは真実を探求することである。”

アイベン•アールは2000年6月20日に84歳でこの世を去った。生 前彼は 未出版、未公開の多数の絵画、彫刻、スクラッチボード、水彩画、素描などを創作した。 亡きアイベン•アールの明細な指示のもとに、Eyvind Earle Publishing LLCは世界中のギャラリーに未公開のセリグラフや本を紹介して行くことによって、この優れた芸術家の業績を来世に受け継いで行くものである。死後出版の 限定版セリグラフは、ジョーン•アール他の所蔵品でアイベン•アール創作の油彩画からプリントされる。